放課後等デイサービス事務所 ウッドワン・デイサービスについて

ウッドワン・デイサービスとは

ウッドワン・デイサービスは、軽度の発達的遅れのある児童とその保護者様を支援するサロンです。

具体的には、障がい児の学童保育と思っていただけるとわかりやすいかもしれません。
学校が終わったお子様と当施設で、いろいろなプログラム、取り組みをしながらお時間までお預かりします。
対象地域、対象児童の送迎もしております。

保育士と子どもたち

ウッドワン・デイサービスの特徴・目標

当施設の職員は、大学院で心理学を学び発達的遅れのある児童に関する研究を行ったスタッフ、 介護福祉士、保育士の資格を持つスタッフ等がいます。一時的なお子様のお預かりだけでなく、 心理的なサポートも行います。お子様の将来につながる支援を考えています。

また懇談会などを行い、保護者の方々との連携を大切にすることによってお子様の将来と、自立が実現できるように一緒に考えていける、そんなサロンを目指しています。

大きな木

ウッドワン・デイサービスの方針

お子様たちからのサインを見逃さないよう心がけます。
たくさんのサインを投げかけてきます。その大切なサインを職員は見逃してはいけません。
どんな小さなサイン・変化にも気を配ります。

  • 1. 安心で安全な施設内での活動
  • 2. 社会自立への応援
  • 3. 健康の保持増進
  • 4. 人間関係の構築
  • 5. 子供と保護者のへの支援
  • 6. 職員の情報の共有
  • 7. 地域と密着した事業所

手遊びをする子どもたちと保育士

支援プログラム

1.
各種器具・用具を用いて子供達の身体の発達をサポートしながら、運動神経、バランス感覚、心と知性の健やかな発達を目指します。
2.
音楽、歌、ダンスを取り入れながら、身体と心をしっかりと広げながら、豊かな感性や表現、音楽性を引き出します。
3.
手指をたくさん使いながら、物を作り上げる喜びや手指の操作性を高める事を目指します。
4.
それぞれの発達に合わせて個別の学習を繰り返す事で、知的発達を促し、社会生活において個々の力を発揮できるようになる事を
目指します。
5.
音楽そのものが持つ、癒し、楽しさ、快活等の特性を活かし、微細運動・情感の育成・言語表出の促進・知育等、
一人一人の発達特性に応じたアプローチを組み込んでいきます。
6.
お子様の発育、発達、育児全般についての不安や心配等について相談に応じます。